差押えされた後の生活【住宅ローンはどうなる?】

差押えされた後の生活【住宅ローンはどうなる?】

マイホームの差押え

逃れるすべはないの?

 

多重債務により借金の返済が困難になってしまった場合に、自己破産を選ぶとすべての借金は0になり、一から出直すことが出来ますが、
今お住まいのマイホームは差し押さえから競売にかけられて処分させられてしまいます。

 

そんなときでもマイホームを差押えされることなく債務整理できる方法があります。

 

個人再生という手続きで、大幅に減額された借金を原則3年間で分割返済すれば借金は完済となります。

 

住宅資金特別条項という制度で住宅ローンの残ったマイホームでも住み続けながら借金の返済が続けられるのです。

 

住宅ローンについては減額されることはなく、今まで通り返済することが必要です。

 

しかし住宅ローンの返済が困難である場合は、債権者との話し合いを行った上で返済期間の延長が認められることがあります。

 

この制度を利用するには特別な条件を満たすことが必要になりますが、自己破産することなく債務整理を行えます。

 

自己破産はギャンブルや浪費が原因といった免責不許可事由に該当する場合は免責が認められないことがありますし、
一定の職業に就く事ができない制限がありますが、個人再生ではそのようなことがありません。

 

ですが返済を続けていけるだけの安定した収入がないと利用できません。

 

個人再生デメリットといえば、状況にもよりますが6~12ヶ月ほどと長期間必要になります。


ホーム RSS購読 サイトマップ