給与差押え対処法<すぐにできる対策は?>

給与差押え対処法<すぐにできる対策は?>

給与差押えの対策とは?

返済が滞ると、債権者は債務者の給与を差し押さえる場合があります。

 

この時に心配になるのが、会社に差し押さえの事実がバレないかどうかという点です。

 

結論から言いますと確実にバレます。

 

バレるどころか、差し押さえの一連の流れに会社も参加する必要があるのです。

 

債権者への支払い分を振り分ける作業を行うのは、会社です。

 

差し押さえは法律に乗っ取って行われますから、会社は拒否は出来ません。

 

さて、次の問題は給与の差し押さえによって会社をクビになるのかという問題です。

 

こちらはハッキリとした答えは出せません。会社によって対応が違うからです。

 

しかし、それによって解雇される可能性はあまり高くないと考えられます。

 

解雇というのは簡単に出来るものではありません。相応の懲戒理由が必要になってくるのです。

 

会社に重大な損害を与えた場合などは認められますが、個人の負債問題がそれに該当するかと言いますと微妙です。

 

ただし、クビ=解雇とは限りません。クビを宣告されても自己都合の退職を迫られる場合も多いのです。

 

会社がワンマンで、経営者が従業員の借金問題を嫌うならば、退職を促される可能性はあるでしょう。

 

そうならない為にも、返済が滞ったら早めに専門家に相談する必要があります。

 

>>任意整理


ホーム RSS購読 サイトマップ