差押えが強制執行される時のケース紹介

差押えが強制執行される時のケース紹介

例えば、犯罪をしてしまった場合

犯罪を犯すと、警察の関係者が家宅捜査を執行する場合があります。

 

警察の関係者が裁判所の指示に従って、令状による容疑者の財産の差し押さえを強制的に行う事が法律によってできます。

 

理由としては、基本的に容疑者が犯行を犯した時に証拠隠滅を防止するために、家宅捜査によって犯人の財産に関して差し押さえを行うのです。

 

また、犯行に使われた財産についても財産として扱われて、犯行の証拠のために差し押さえをする必要があるから警察の関係者が差し押さえを強制的に執行します。

 

差し押さえられたものに関しては、警察の関係者が警察署にもっていきます。

 

そして、証拠のための実況の見分などの作業を行って、危険と判断された財産に関しては、処分を行う事が原則です。

 

犯行に関係のない服なども差し押さえられる場合もありますが、生活必需品と思われる財産などに関しては、懲役の期間が終わった後に返却される倍があります。

 

また、他の人や他の店から盗んだ物に関しては、自分の財産ではないので、差し押さえの対象とはならないのですが、仮としての差し押さえの処理を行う事もあります。

 

他の人の財産を判明した場合は、他の人の所有物であるという証拠を認めた後に所有者に返却されます。

 

 

債務整理:自己破産/個人再生/任意整理


ホーム RSS購読 サイトマップ