差押えは回避できる?<あなたがやるべき対応>

差押えは回避できる?<あなたがやるべき対応>

差押えは回避できるの?

自力では返済できないほどの多額の借金を背負ってしまっても、
自己破産をされるとすべての借金返済が免責され、元の借金のない所から再スタートすることが出来ます。

 

破産宣告デメリットもあり、住宅は差押えとなり競売で安価に処分させられてしまいます。

 

99万円までの現金や20万円までの預貯金は手元に残せて必要最小限の生活はできますが、
住宅を失ってしまうと同居していた家族にも迷惑が掛かってしまいます。

 

そんな時でも住宅を失わずに債務整理できる手続きがあります。

 

個人再生という裁判所を通して借金の減額が認められる債務整理の方法です。

 

裁判所に再生計画を提出し、認可されると債務が大幅に減額されます。

 

その減額された債務を3~5年で支払いし、完済すると借金は無くなります。

 

個人再生では再生計画の中に住宅ローンに関する特別条項が設けられていて、
この制度を利用すれば今住宅ローンを返済中の住宅でも手放さずに借金の返済が続けられます。

 

住宅ローンの残高や月々の返済については減額されることはなく、今までのように返済することが必要です。

 

生活の拠点としている住宅が対象で、別荘などセカンドハウスは対象になりません。

 

消費者金融など貸金業者の借金さえ大幅に減額されれば、住宅ローンはなんとか返済していける。

 

そんな方に最適な手続き方法です。


ホーム RSS購読 サイトマップ