家の差押え【強制退去しなくてはいけないの?】

家の差押え【強制退去しなくてはいけないの?】

人が他の人や企業に債務を負っている場合はその債務を履行する義務があります。

 

もし債務を履行しない場合はその人が所有しているいろいろな財産を差し押さえることによって強制執行することになり、これによって自分の権利を実現していくことになります。

 

そして強制執行をするときに差し押さえることができる財産にはいろいろな財産がありますが、多くの債権を回収するためには不動産を差し押さえるのがいいと言えます。

 

なぜなら不動産は他の財産よりも価値が高いので、それだけ多くの債権を回収することができるからです。

 

そして人が他の人や企業から強制執行をされてしまい、不動産差押によって、家を差し押さえられてしまった場合はすぐに強制退去をしなければいけないのかというと決してそういうわけではありません。

 

強制執行をして不動産差押をしてからいろいろな手続きを得ることによって競売されることになり、その期間は1年以上かかることも少なくありません。

 

そのため裁判所が競売手続きをしている間は不動産差押によって家を差し押さえられてしまっても、ある程度の時期まではその家に住み続けることができ、すぐに強制退去をする必要はないです。

 

また不動産差押によって家を差し押さえられても、その後債務を履行すれば不動産差押を取り下げてくれます。

 

住宅は残しておきたい。そのケースの債務整理は個人再生で解決!


ホーム RSS購読 サイトマップ