差押えされたら弁護士に相談したほうがいい?

差押えされたら弁護士に相談したほうがいい?

差押えされたら弁護士に相談がベスト?

住宅ローンの返済や消費者金融などからの借入で、
月々の返済が困難になってしまった時に、住宅ローンの返済を滞納してしまうと差し押さえから競売にかけられて処分されてしまいます。

 

消費者金融などの借入さえ何とかなれば、住宅ローンだけなら返済できるという方は個人再生という債務整理の手続きをされてはいかがですか。

 

個人再生なら債務が大幅に減額されたうえで、住宅を手放すことなく債務整理が行えます。

 

個人再生では作成した再生計画が裁判所に認可されることが必要で、
この再生計画の中に住宅ローンに関する特別条項が設けられており、
この制度を利用することで住宅ローンを返済中のマイホームでも差押えされることがありません。

 

その代わりに今まで通りに住宅ローンを返済することが必要です。

 

自己破産のようにすべて借金が免責されるわけではありません。

 

減額された借金を3年、特別な事情がある場合は5年で返済することが必要です。

 

このために安定した収入がないと個人再生は行えません。

 

しかし安定した収入さえあればパートやアルバイト、派遣、年金受給者でも個人再生が行えます。

 

個人再生は法律の知識が求められるのでご自身で手続きするのは困難です。

 

弁護士や司法書士に相談してみて下さい。


ホーム RSS購読 サイトマップ