差押え無料相談<自己破産はした方がいいの?>

差押え無料相談<自己破産はした方がいいの?>

差押えとは?

強制執行の手続きが完了すれば、給与や不動産の差し押さえが可能になります。

 

債権者に勤務先を知らせていなければ、給与の差し押さえを免れる事が出来るのではないかと
考える方も多いのですが、その場合、強制執行の手続きと同時に
様々な調査も行ないますから、勤務先はすぐに割れてしまいます。

 

また、消費者金融からお金を借りていた場合やクレジットカードを使ったお買い物で
借金を膨らませてしまった場合、カード発行の手続き段階で勤務先などを
通知してしまっていますから、債権者に勤務先は知られてしまっています。

 

強制執行の手続きが整えば、給与の差し押さえが可能になります。

 

とはいっても債権者にも生活がありますから、給与を丸々差し押さえられてしまうわけではありません。

 

債権者の生活状況や収入などにもよりますが、給与の4分の1は差し押さえられると考えておいた方が良いでしょう。

 

給与の差し押さえにあった場合、勤務先に差し押さえ命令が通達されますから
借金を滞納しているという事が知られてしまいます。

 

この件で仕事を首になるかどうかというのは、勤務先の判断となります。

 

金銭的な迷惑が掛かる事はありませんが、多少の手間は掛けてしまう事になりますし
信頼度も落ちてしまいますから、首となってしまう事もないとは言えないのです。

 

自己破産するとどうなる?

 

これに対して自己破産ですが、みなさんは自分が事業などで失敗をした時は借金をチャラにするために自己破産を申請すれば良いと安易に考えてはいないでしょうか。

 

おそらくですが、そう考えている人は意外と多いような気がします。

 

それはなぜかというと、自己破産というもののイメージが借金を作ってしまっても、自己破産をすれば借金の返済義務がなくなるという事だけが
テレビ等のメディアによって広められた節があるからです。

 

確かに自己破産申請をして自己破産をすればそれまでの借金を返済する必要はなくなります。ですが、それで今後ものほほんと生活できるかといえば
答えはノーです。それはなぜかというと、自己破産をするとその後は結構厳しい現実が待っているからです。

 

そのひとつにクレジットカードを発行できないというのがあります。それはある意味当然とも言えます。なぜなら、自己破産をして借金を踏み倒すような
人間に信用などないからです。そして、もっと厳しいのがローンを組めないという現実です。

 

これも当然の事と言えます。やはり自己破産をするような人間に住宅ローンを利用して欲しくないというのが銀行の本音だからです。
なので、自己破産をすれば借金がチャラになりますがそれと引き換えに失う物もあるという事を肝に銘じてください。

自己破産
自己破産について詳しく知りたい人はご覧ください。自己破産の相談をするのに、おすすめの弁護士事務所なども紹介されています。


ホーム RSS購読 サイトマップ